開業祝いには気持ちを花に添えて

開業祝いは相手先の開業を祝う気持ちを表すと共に自身の会社や立場をアピールする広報的にも重要な機会です。できるならいつまでも相手先様に飾ってもらえるような素敵な花を贈るとその後も素敵な関係が続けられます。一番人気は「コチョウラン」の鉢植えで白・赤・ピンクなど華やかな色味が人気です。そのほかにも成長が楽しめるように観葉植物・組み合わせが自由なアレンジメントフラワー・美しさがいつまでも続くブリザードフラワーなども人気です。贈り先の業種によってイメージが変わりますので販売先で相談すると良いアドバイスがもらえます。また名札(通常のギフトでいう熨斗のようなもの)も添えて贈ると良いイメージを残すことができます。ドライフラワーなどを贈る方もみえるようですがドライ=枯れているをイメージさせられるという考えもある為、生花もしくは生花に見えるような加工品などが開業祝いには向いています。

開業祝いで贈りたい花

開業祝いを贈る花として最も一般的なのは胡蝶蘭です。開業祝いは、これから事業を始める人へ、おめでとうという気持ちや商売繁盛の願いを込めて贈るものですが、胡蝶蘭は丈夫で長持ちしやすく、安定している事から縁起が良いと言われています。特に鉢植えの場合は、3ヶ月ほど咲き続けますし香りも少なく花粉が飛ぶ事もないのでおすすめです。また、華やかで気品があり、高級なのも開業祝いにふさわしいと言えるでしょう。胡蝶蘭は幸福が飛んでくるという花言葉なので、これから新しいスタートを切る人へのお祝いにぴったりです。贈る時期は、開業の一週間から前日までがベストです。一緒に木札を付けるのがマナーですが、木札にはお祝いの文言や贈り主の名前を入れましょう。50文字程度のメッセージカードを添えれば、より丁寧で喜ばれることでしょう。

開業祝いなどに贈る花

開業祝いなどに贈る花で良く選ばれているのが胡蝶蘭であり、数万円する状況で相手から喜ばれている状況となります。こうしておめでたい時に贈るフラワーも、白いものから縁起が良いものであったりと、やはりお祝いにふさわしい色合いのものを贈る事が出来れば、相手も喜んでもらえる状況となります。そこをしっかりと理解しながら対応すると、開業祝いに関しても色々と有利状況でふさわしいお花を贈ると言った事で相手も喜ぶ流れとなり、特に胡蝶蘭などは綺麗な色合いの物である事でとても縁起の良い贈り物として考えられています。開業をする事でも色々と大変な状況となりますが、こうした贈り物で胡蝶蘭が贈られてくると身も引き締まる状況となり、やはり定番の商品となりますが、こうした胡蝶蘭で喜ばれる流れとしてもとても良い贈り物になっていく様です。