花を開業祝いに贈ることは

花は様々なことに使われます。慶事でも弔事でも使います。それぞれに相応しい花がありますから、まずはそれを知っておくと良いです。開業祝いとしてお勧め出来るのが、胡蝶蘭です。高価な物ですし、スッキリとした美しさがあります。あまりにケバケバしい花はそこまでお勧めできないです。それに店に置ける程度の物にしたほうがよいです。事前に店、事務所の大きさを知ることができるならば、それは確認してから贈り物をしたほうが無難になります。さすがに適当な大きさにするのは問題があります。それと贈る時期ですが、実は一週間前から贈っても大丈夫です。むしろ、当日や前日は物凄く忙しいでしょうから、避けたほうが良いです。これらのことは常識的なことであるといえますから、よく注意して実行するべきです。物を贈ること自体は間違っていないです。

開業祝いに送る花についての知識

取引先や親族、友人などが企業やお店を新たに立ち上げる場合に、その繁栄を願って開業祝いに花を贈る慣習があります。その際に送る花については、開店するお店や施設によってふさわしい色があります。例えば、イタリア料理などの飲食店であれば、明るさや繁盛をイメージするような赤やオレンジなどの暖色系が良いですし、おしゃれな雰囲気を有する美容院などであればさわやかなグリーン系、医院の開院であれば優しさを感じられるピンク系など、それぞれに適した色があります。また、開業した企業に送る場合などに、企業がイメージカラーとしたりロゴに用いている色があれば、その色のものを贈ることも喜ばれます。そうして色を選んだ花を贈る場合、通常は開業日の一週間前からを目途に、開業日の前日に間に合うように贈ります。また、開業日前にプレオープンの期間が用意されている場合は、一般にプレオープンに間に合うように送ります。

開業祝いの花の相場として

どんな商売をするのかにもよりますが、開業祝いの花の相場としては、3万円前後が多いです。これでそこそこ見栄えのする花を贈ることができます。あまりにも豪華すぎるのも実は迷惑になる可能性があります。常識的な教養があるのであれば、返礼をする必要があるからです。極端に高い金額の花を贈ってしまうと相手が苦労することになります。そうならないように妥当なレベルの物を贈るべきです。それと問題は贈る時期です。当然ですが、当日は非常に忙しいでしょうから、避けるべきです。飾るために贈るわけでもありますから、三日前程度がよいとされています。今は業者が送ってくれるようになっていますが、そうではなく、自分で持って行くのが実は礼儀としては最上になまりす。これはお中元でもお歳暮でも同じです。しかし、時間的に無理ならば業者に依頼することです。